不動産担保ローンを利用した理由は貸付条件が有利だから

キャッシングは14.5%だったので、8.7%も金利を下げることができました

低金利のローンへの乗り換えを検討していたとき不動産担保ローンの存在を知ったキャッシングは14.5%だったので、8.7%も金利を下げることができました借金をすべて完済したあとは、担保に入れていた不動産が返還されました

金利は非常に低くて、5.8%という利率を提示されました。
キャッシングは14.5%だったので、8.7%も金利を下げることができました。
借りたお金はキャッシングの完済に利用し、あとは毎月コツコツと不動産担保ローンのほうに返済しましたが、金利が低いので利息自体が少ないのです。
利息は半分未満になったのですが、感覚的にはもっと減ったように感じられました。
利息が減ると返済金の元金充当額が大きくなるので、借金の減り方が早くなります。
利用した不動産担保ローンは繰り上げ返済ができるタイプだったので、ボーナス時は多めに返済しました。
繰り上げ返済は完全なる任意で、自分の意思で決められます。
利息が少ないとはいえども、借金をしていると本来は支払わなくてよい利息が発生するのです。
利息を減らすためには早期返済が一番だと自覚していたので、ムダ遣いを解消するなどして、早期完済を目指しました。
結果として150万円の借金を1年半で完済することに成功したのです。
もしキャッシングから借入れしていれば、利息が大きいので3年くらいかかっていたでしょう。